愛用のソファやイスの座面を優雅に演出。時代を超えて愛されるウィリアム・モリスの代表作のひとつ「いちご泥棒」と「ゴールデンリリーマイナー」の柄をジャガード織りで表現した贅沢なシートマットです。

ソファやイスの座面に座り心地の良さを加え、簡単にイメージチェンジできるシートマットです。座面の汚れも防ぎ、洗濯も可能です。お揃いのクッションとコーディネイトすれば、そこはもうモリスの部屋。
ジャカード織りの細かい柄表現は日本製ならでは。

【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】

150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン
「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、
絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。
モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。
人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。
62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。

William Morris(1834~1896年)
19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。
傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。
アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。



画像の説明
コーディネート例(ア)いちご泥棒・ブルー系 ※写真は3人掛けです。



サイトメニューここまで

本文ここまで

ピカ 上部操作式四脚アジャスト式専用脚立 SXJ型 SXJ270 8559479

count
以下フッターです。
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.