ハンゼルでは畑に実るブドウが全てを語ると信じワインの醸造は可能な限りノータッチです。ピノ・ノワールは繊細な香りを生かす為長めの低温浸漬を行い全体の50%ほどをフレンチオーク新樽にて熟成します長期熟成型として知られるハンゼルのワインは、瓶内熟成を経る事で決して人工的には作ることの出来ない複雑な味と深い香りを作り出します。ハンゼルのワインの真のポテンシャルは、この瓶内熟成によって引き出すことが出来るのです。若いワインはもとより、ボトルで熟成したシャルドネとピノ・ノワールは必ずデカンタージュを行い味と香りを最大限に引き出す為に空気含ませます。カリフォルニアにおいて優れたバランスを持つシャルドネとピノ・ノワールを探求する組織「InPursuit of Balance」のメンバーでもあり高品質でエレガントなワインを造る事に定評があります。フレンチオーク樽で18ヶ月熟成(しん樽50%)、平均樹齢23年、生産量2,010cs
サイトメニューここまで

本文ここまで

[1999] ラ・リコルマ 750ml サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ La Ricolma/San Giusto a Rentennano

count
以下フッターです。
Copyright © Chuo City. All Rights Reserved.